シスコシステムズ訪問

シスコシステムズ合同会社様をゼミ生全員で訪問しました。六本木の東京ミッドタウン21階という素晴らしいロケーションで、おしゃれな場所に不慣れなためか迷子になるゼミ生が続出しましたが、同社の皆さまの献身的なサポートを得て、楽しく有意義で刺激的なイベントとなりました。

はじめに、コラボレーションアーキテクチャ事業 担当部長の大野様に、同社の事業概要と魅力をご紹介いただきました。同社は2018年「働きがいのある会社」大規模部門のランキング1位に輝いています。

続いて、「シスコのイノベーション戦略」と題して、東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部 本部長 赤西様にご講演いただきました。自社開発にこだわり、戦略的提携によりビジネス・エコシステムを形成し、スピード感を持って社会課題をテクノロジーで解決する同社のビジネスについてご説明いただきました。また、東京2020オリンピック・パラリンピック ローカルスポンサーとしての同社の取り組みや、スポーツ&エンターテインメントやスマートシティといった新しい分野への挑戦など、幅広いビジネス領域で事業を展開されている様子をご紹介いただきました。

後半は、「日本が抱える社会的課題をテクノロジーで解決するビジネスプランを考える」というワークショップを実施しました。2・3・4年生からなる6チームに分かれて、社員の方々のアドバイスを受けながらビジネスプランをまとめ、最後にプレゼンテーションを行いました。荒削りながらも、それぞれ独創的なアイデアが示され、堂々としたプレゼンテーションに同社の方々からもご好評をいただきました。

このような貴重な機会を設けていただきましたシスコシステムズ様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。